V.F.PARTNERS

個人情報基本方針

有限責任事業組合V.F.パートナーズは、高度情報通信社会の進展により個人情報の利用が著しく拡大していること、
及び「個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)」(「個人情報保護法」)が平成17年4月より全面施行されたことに鑑み、個人情報の取り扱いに関し、当組合の業務に携わる全ての者が遵守すべき基本的事項として、
「V.F.パートナーズ 個人情報保護基本方針」を定めます。

平成22年5月10日
V.F.パートナーズ
職務執行者 船越雅史
職務執行者 満松隆一郎

1. 個人情報の取得(収集)について

個人情報の取得は、その利用目的を明確にし、本人から同意を得た上で、適法かつ公正な手段によって行います。

2. 個人情報の利用

個人情報の利用、提供その他の個人情報の取り扱いは、利用目的の範囲内で行います。

3. 個人情報の管理・保管について

個人情報は、利用目的に応じ正確かつ最新のものに保つよう努めます。また、個人情報の漏洩、滅失、毀損等の是正並びに防止その他の個人情報の適切な管理のため必要な措置を講じます。

4. 個人情報の第三者提供

個人情報保護法で例外と認められている場合を除き、あらかじめ第三者への提供に対する同意を得ない第三者への提供は行いません。

5. 法令遵守の宣言

個人情報の管理について、個人情報保護に関する法令および関連法規を遵守します。

6. 個人情報保護体制について

従業者に個人情報保護の重要性を認識させ、各業務において担当者を設置し個人情報保護を実践していきます。

7. 個人情報の開示、訂正、削除について

個人情報の本人から自己に関する情報開示の請求があった場合は、本人であることを確認した上で、原則として、当該請求に係る個人情報について遅滞なく開示します。

8. 苦情の対応等について

個人情報の取り扱いに関する苦情につき適切かつ迅速な対応を行います。

以上

↑このページのトップへ